2014年 10月 31日

バイバイ、チビ

もう、全く突然の事だったので、今でも信じられません。

今朝の五時に授乳した時は、普通だったんです。


そして、八時に授乳した時、

ミルクは普通に飲んだのですが、

前回よりは食欲が減少しており、少し呼吸がヘンでした。


タダならぬ様子に不安を感じ、

その後はずっと、手のひら暖房で温めてあげてました。


しかし、その後も呼吸は荒くなるばかりで・・・・・





午前九時半…私の手のひらの中で、

虹の橋を渡っていってしまいました。





昨日はとっても元気で、自分で毛づくろいの真似事っぽい事もしてたのに・・・・・。




なんでかな、、、、なんでかな、、、、、。


四つ子の時もそうだった。





気になって調べてみたら、


野良の場合、母猫が育てても、生存確率は10パーセント以下なんだそう。

ましてや、人間が育てるとなると、生後2週間以内の子猫の生存確率は、もう5パーセント以下らしい。



そうなんだ・・・・・。


そんなに低いんだ・・・・・。



チビも、元々抵抗力が低くて母猫に捨てられたのかもしれないし、

いろいろ考えても、チビは戻ってこない。



たった5日間の短い間だったけど、

久々に乳児の育児の楽しさと愛おしさを与えてくれて、

ありがとね、チビ。



また、どこかで、捨てられた仔猫がいたら、

めげずにチビの代わりと思って、育てるって誓うからね。
[PR]

by akarisan5 | 2014-10-31 12:58 |


<< 高いとこ      お転婆まりちゃん >>